サブリース詐欺とは?トラブルに巻き込まれないためには?

サブリース詐欺というものをご存知でしょうか?
最近被害が増えている手口ということで、公的な用語ではなく、大手がやっていることもそう呼ぶ人がいるという認識ですが
不動産売買をする人は覚えておいた方がいい言葉です。
今回は、サブリース詐欺についてやトラブルに巻き込まれないために気をつけたいことなどをまとめていきます。

Sponsored Links

サブリース詐欺とは?

まず、サブリースというものがどんなものなのか説明していきましょう。

サブリースとは?

サブリースとは、不動産管理会社などが住宅を借り上げ、それを転貸するという契約のことです。これにより住宅の所持者は経営や管理などを管理会社に任せながら、決まった額の家賃収入が得られるという仕組みです。

これは一見魅力的なもので、意外と面倒な不動産経営を「何もしなくても、一定収入がある」という状態にできます。
書類の管理やら、空き室が出来たときに焦ることやら、いろいろと経営するなら頑張らなければならないことはありますが
大手不動産会社なんかが「空き室でも一定の収入」を約束してくれれば、最高だ、と思ってしまいますよね。
しかし、あまり楽をして稼ごうとするとしっぺ返しが来るというものです。

サブリース詐欺

このサブリース契約を悪用したのがサブリース詐欺で、普通に大手業者がそうだ、と訴える人も最近多いですし
聞いたことがない悪徳業者と契約し、自宅を失ってしまった人もいるということです。
最近増えている空家の問題などを解決できそうな良い契約のように見えますが、やっぱり不動産系は気をつけないと詐欺に巻き込まれるということもあるんですね。高齢単身者が特に狙われているということで、離れたところにそうした家族がいる方は気をつけた方がいいかもしれません。

よくあるパターンとして、軽度なものから酷いものまで載せますと
・30年間減額せずに一定収入が入り続けるといったのに減額させられた
・契約に反し10万円も減額させられた
・実は、保証家賃は一定期間過ぎたら改定されると契約書に書いてあった
・営業マンは「絶対下がることはない」とか「一定収入を保証する」といったことを言って言いくるめられる
・借金して購入した人は最悪なパターンとなる

などなど。

中には、「サブリース」自体が詐欺だ、人口減少の時代に不可能なビジネスモデルだ、という人もいます。

詐欺、詐欺でない、のボーダーラインが人によって違うのでそういうことは明確化できないのですが、
どちらにせよ、オーナーになる方はそのへんのことをしっかり把握してから賃貸経営するべきでしょう。

トラブルに巻き込まれないためには?

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、きちんと契約内容に目を通すこと、そして少しでもおかしいと思ったら親族や弁護士などに相談することが重要です。
詐欺のパターンとして、家賃は変動しないと口で言いつつ、実際には変動していたというものがほとんどです。
契約書には明記されているものの、それを見せずに口頭で説明するのです。

そうした詐欺に騙されないためには、契約書の内容を隅から隅まで確認することが大切です。
そして少しでも説明と違う点があっておかしいと思ったら詐欺の可能性もあるので契約しない方が無難です。
というか、基本的にはビジネスはwin-winですから
「私にとってメリットは大きいけど、相手の会社にどんなメリットがあるのか?」
と、いい条件を提示してくれるその会社に、どんなメリットがあるかを考え抜く、または質問し続ければ
ボロが出てきます。

こういったトラブルの反応として、「契約した家主もどうなんだよ!」というものが何気に多いのですが、
たしかに、自分だけがおいしい思いをする、ということにとらわれて盲目になってしまった結果でもあります。
ビジネスがwin-winであることを考えれば、違和感を感じるところがあったのではないでしょうか。

とはいえ、地方の実家に一人で済むお年寄りにはそうしたことを徹底するのは難しいと思います。
ですから、離れたところに住んでいる親には定期的に連絡をすることが重要です。
その際怪しい契約を結ぼうとしていたら、必ず自分や第三者を挟んで契約させるようにしなくてはいけないでしょう。

 

Sponsored Links

反応まとめ

こういったニュースに対して世間の反応は以下のようになっています。

.
昔訪問販売で使われて手口によく似ている
.
最近この手の詐欺が多いね
.
サブリースなんて業者しか得しないに決まってる
.
不動産業界は相変わらず情報格差を悪用して儲けてるのか
.
儲かる話を赤の他人が持ってくるわけがない
.
相手の無知に付け込んで損させる商売って結構あると思う
.
法律を上手くすりぬけた詐欺
.
国の対策も必要
.
こんなことして心が痛まないのかね…
.
この程度の詐欺は世の中いくらでも転がってる

出典:https://goo.gl/Q8UCWx

サブリース詐欺に対するネットの反応をまとめてみました。

 

まとめ

無知な高齢者に付け込む卑劣な詐欺としてサブリース詐欺の被害が増えているということですが、
高齢化社会となっている最近は,振り込め詐欺をはじめ、こうした詐欺が本当に多いように感じます。

単純に高齢者が増えているからだけでなく、地域のお年寄りとの関係の希薄化が進んでいることも原因の一つであると思います。
こうしたトラブルを防ぐためには、周りの人々が注意して見守らなければならないのかもしれません。
今の時代でそれは難しいことですが、せめて実の親の面倒くらいは見ていくべきでしょう。

今回はホームインスペクションに直接は関係ないかもしれませんが
不動産オーナーになる方も多いと思いますので、こういう事例を紹介しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 専門家が中古住宅の傷み具合を調べるホームインスペクション(住宅診断)の義務化が来年スタートするといわ…
  2. 中古住宅の購入で後悔する人、というのは意外と多いものです。それは事前に知るべきことを知らなかった…
  3. 建物の劣化状況などを診断するホームインスペクションの利用が、徐々に広がっています。具体的にはどの…
  4. 耐震工事を施した「おんたけ休暇村」が、6月の震度5強の地震で休業となってしまったことに対して「耐震工…
  5. ホームインスペクションをやってよかった!という人の話をたくさん聞いてきましたがもちろん、変な業者…
ページ上部へ戻る