堀ちえみの極秘情報とは何か?家を持つ誰もが知っておきたいホームインスペクションとは?

堀ちえみの極秘情報とは何か?
2021年9月15日、久しぶりにこのサイトを更新します。
非常に気になったニュースで、あの堀ちえみさんが、住宅の診断をしているときに
「心臓が痛くなるほど衝撃的だった」何かがあったらしく、
「引っ越し」を決めたという。

いったいなんでしょうか?

Sponsored Links

堀ちえみの極秘情報とは何か?

堀ちえみの極秘情報とは何か?

「お世話になっている業者さんに、屋根を点検してもらっている長い時間、家の外にいたことによって、大変なことが同時に分かり。そしてそちらの方が遥かに重要で、心臓が痛くなるほど衝撃的だったのです」

とのことで
もしかしたら、変なオチである可能性はもちろんありますが、まじめに「住宅の欠陥だった場合」を想定して話を進めていきたいと思います。

.
動物の死骸があったとか、そんなことの気もするけど…

屋根に関するトラブルの場合、次ことが考えられます。

基本的に屋根には「自然的な要因」と「施工ミス・人為的な要因」があり、問題は後者の方です。

自然的な要因

・ヒビ
・飛来物によるダメージ

・屋根裏のシロアリ
・その他、虫による被害

これらは、素人でも見た目でわかることがありますが、

施工ミス・人為的な要因については、建築士でないとわからないものであります。

今回は、堀ちえみさんが「心臓が痛くなるほどの衝撃」とのことなので、「素人にもわかるような衝撃的なこと」ということでありますので
虫の被害や、動物の死骸があったとかではないでしょうか?

それか、信頼している業者に頼んだ建築が実は非常におろそかな施工になっていて
信頼を裏切られたため、といったことも考えられます。

心配な人はホームインスペクションを

マンションと違い、持ち家の場合はご自身で点検を業者に頼んでやる必要があります。

建築業者によりますと
モルタル壁・タイル貼り壁では2~3年ごと
サイディング壁(窒業系)では3~4年ごと
金属板・サイディング壁(金属系)では2~3年ごと

業者による点検を推奨されていて、つまりは「家の点検は2,3年に一度やるべき」というのが正直なところなのです。

お金の関係でそこまでやらない!という人が多いかと思いますが
早めに予防・対策をすることで、後で大きなお金の出費を防ぐことができるのです。

ホームインスペクションに関しては以下の記事を参考にしてください。

ホームインスペクションのおすすめ業者はどこか?絶対知っておきたい4つの基準で比較!

気になる方は以下でお問い合わせしてみてください。

SNSの反応


Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 建物の劣化状況などを診断するホームインスペクションの利用が、徐々に広がっています。具体的にはどの…
  2. ホームインスペクションの体験談 その2ということで、30代の女性の方にインタビューをしました。ホ…
  3. 中古住宅の購入で後悔する人、というのは意外と多いものです。それは事前に知るべきことを知らなかった…
  4. ホームインスペクションのトラブルについて公募しましたところ、なんと不動産会社に勤務している方から…
  5. ホームインスペクションの体験談その6では40代独身男性Fさんへのインタビューとなります。イン…

▼当サイト調査を簡単に表にすると…▼

ページ上部へ戻る