ホームインスペクションを新築戸建てでやるメリットとタイミング

新築戸建にてホームインスペクションを実施しようと考えている方向けへ
気になる疑問を解消していこうと思い、まとめました。

別記事でも書きましたように、マンションよりも新築戸建ての方がホームインスペクションをするならやった方がいいという話がありましたね。マンションは大きい建築となりますのですでに第三者確認申請や適合性判定が入っていることが多いとのことでした。

私が出来る限り調べてみてわかった、戸建てでホームインスペクションを検討しているあなたが
「やるべき理由」「やらないリスク」についてシェアしていきたいと思います。

 

ホームインスペクション新築戸建てでやるタイミング

2018年4月より義務化されるホームインスペクションですが、正直まだまだ曖昧なところはありますので
いかにご自身がホームインスペクションに関する知識・情報が強いかどうか、で自分が損をするかどうかが決まります。

まずホームインスペクションをやるタイミングですが
当然ながら、契約前・引き渡し前が最適です。

契約してしまったら、次のようなトラブルが発生します。

■契約後のトラブル・契約にもよりますが、瑕疵が見つかった時に基本は責任の所在が曖昧
・不動産会社から言わせると、個人の売主であれば現状有姿取引となるので、買主自身が修理すべきであり、契約不履行をされると非常に迷惑となる(もちろん、不条理な契約をされたということになるが、彼らも仕事をしたという認識のため)
・なので、契約後に不動産が悪い、売主が悪いと騒いだところで迷惑なだけということになってしまう
・補修をするとして、家具を移動させたり、立ち合いをしたりと、時間を確保しなければならない
・売主が個人であれば、ちゃんと対応してくれないでしょう。契約が現状有姿取引であればしょうがないともいえる
・もちろんお金がかかる。瑕疵によりますが数百万はザラ。放っておけばおくほどお金は膨らむ

 

ですので、基本的に契約前が必須であります。

加えておきますが、契約後のホームインスペクションは出来ます。内覧会などがそうですね。
そして、ホームインスペクターが、売主に対して、物言いは出来るのですが、
契約がありますので、現状有姿取引のことをホームインスペクターが知らないこともあります。
ホームインスペクターは売主・買主の関係性を壊さないように気づかいはしますが、完璧に出来るわけではありません。
先の記事で不動産会社からの物言いがありましたように、基本は売主からの現状有姿取引ですので
契約後の瑕疵発覚はご自身で直すということになります。

契約前のホームインスペクションのデメリット

では、まず契約前にホームインスペクションをすることのデメリットを知っておきましょう。
普通はこんなことを書く必要もないのですが、デメリットを潰しておくことで、物事は進めやすくなりますので
あえて書いておきます。

・不動産業者・売主、に不信感を抱いているように思われる
 >>ここはうまい言葉を使い、うまく切り抜けましょう。
・ホームインスペクションをして、全く問題がなかった時に、ただのお金と時間の無駄となる
 >>これは割り切るしかありません。一生の買い物に対する安心料です。

 

これくらいです。ホームインスペクションをして全く問題がなかった時に、当サイトの一例として、ホームインスペクターと、不動産会社仲良くなったという話がありました。つまり、「問題ない」という烙印を押したことで、「あなたの会社は信頼できるよ」という証明になったのです。稀な例なのか、よくあることなのか分かりませんが、「問題ない」ということが分かった場合は、決して気まずくなることはありません。むしろ、「良かった あなたは信頼できる」と、いい方向にもっていくことが大切ですね。

ホームインスペクションを新築戸建てでやるメリット

メリットは重要ですので覚えておきましょう。

・瑕疵が見つかった時、不動産会社が売り主であれば、瑕疵保険に入っているので(義務化されている)補修費用が補填される可能性が高い。自分が払わなくていい
・ホームインスペクターが、売主に瑕疵を指摘してくれる
・ホームインスペクターが、買主と売主の関係性を壊さないように配慮しながら、コミュニケーションをしてくれる
・買わない方がいい物件であった場合、買わなくて済む
・売主が信用に値するか、ホームインスペクターによって判断できる
・第3者の査定によって、公正・平等に家の価値を知ることが出来る
・査定報告書により、住宅の資産価値を保持するポイントが分かる
・入居する場合、安心して住むことが出来る

 

ホームインスペクションをするにあたっての注意点

ホームインスペクションをする時に、絶対に心得なければいけないのは
「不動産業者によってデメリットでしかない」ということです。
もし、それにより契約されないことになれば、ただ働きされて、資料だけ整え、バカをみることになる、ということをいう方もいます。
実際、不動産業者の方にとってみれば、いいことはないのです。
それは「知っておく」必要はあります。

・不動産業者にとってはメリットはほとんどない。むしろリスクと感じる
・なので、「意味がない」「必要ない」「売主が拒否している」「(自称)第3者機関のチェックは入っている」「「瑕疵保険、性能評価、長期優良住宅、建築確認等の検査が入っている、大丈夫」と言ってくることがある
・不動産会社紹介のホームインスペクターでお願いするべきでない
・ホームインスペクションは必ず利害関係のない第3者にお願いすべき

 

というとこでしょう。
最大のポイントは「不動産会社にとってメリットはない」というところでしょう。

買主にとっては大切、しかし不動産会社にとってはデメリット、ですので
査定が良かった時のメリットなどを不動産会社に提案するとか出来たらいいかもしれませんね…。

戸建ての場合はホームインスペクション、特に必要でしょう。素人では分かりませんからね!

信頼できる業者から積極的に活用していきましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. ホームインスペクションをやってよかった!という人の話をたくさん聞いてきましたがもちろん、変な業者…
  2. ホームインスペクションをトラブルを通してやった人の話を紹介します。ホームインスペクションそのもの…
  3. ホームインスペクションの体験談その6では40代独身男性Fさんへのインタビューとなります。イン…
  4. ホームインスペクションのトラブルについて公募しましたところ、なんと不動産会社に勤務している方から…
  5. 専門家が中古住宅の傷み具合を調べるホームインスペクション(住宅診断)の義務化が来年スタートするといわ…
ページ上部へ戻る