ホームインスペクションは建築士の資格があるとないではこれだけ違う!

ホームインスペクションを依頼する上で重要なのが、建築士の資格を持っているか否かです。
これは重要ですので確実に依頼する前に確認しましょう。
詳細を紹介していきます。

ホームインスペクションは建築士の資格があるとないではこれだけ違う!

なぜなら、建築士の資格(一級建築士および二級建築士など)を持っていなければ、住宅や建物の専門的知識が無いに等しいからです。
建築士は国家資格で、この資格を取得することで建築物の設計、監理などを独占的に携わることができます。
1人の人間が巨大なビルを設計することや、国家的なプロジェクトを担うので、とても権利の大きな資格だとわかります。

一方、ホームインスペクションの資格はあくまで民間資格。
確かに、建物の診断を通して劣化具合をチェックする際にホームインスペクションは必要かもしれませんが、ホームインスペクションの知識は建築士の方なら誰でも理解のあること。では、ホームインスペクションを依頼するとき、建築士の資格がある場合、ない場合でどう違うのか説明します。

 

建築士の資格がないホームインスペクターの場合

建築士の資格がないホームインスペクターは、ホームインスペクションを行った結果を機械的に処理するしかできないでしょう。
つまり建築的な知識に欠けるのです。

例えば、住宅の耐震性。
耐震性は皆さんが最も気になる住宅の性能です。
ホームインスペクションを行った結果、基礎が沈下していました。
建築士の資格がないホームインスペクターは、沈下していたという事実は確認できても、その先何も判断できません。
耐震性の知識に欠けているため、沈下をどう復旧すれば良いかわからないのです。

またホームインスペクションの結果、シロアリが見つかりました。
建築士の資格がないインスペクターなら、そこから提案できません。
つまりホームインスペクションを行った意味がないわけです。

 

建築士の資格があるホームインスペクターの場合

一方、建築士の資格があるホームインスペクターは、ホームインスペクションを行った結果から、住宅をより良い状態にすることを提案します。

住宅の基礎が沈下していたのなら、基礎下にジャッキを設けて基礎を持ち上げるなど、考えるでしょう。

また、床下にシロアリが見つかったとき、建築士の資格があるホームインスペクターは、シロアリ駆除だけでなく、土台や基礎がシロアリ被害にあっていないか確認します。
被害に合っていれば、土台を交換するとか、逆に耐震性に問題ない、など判断ができるのです。

 

まとめ

住宅や建物のホームインスペクションを依頼するなら、併せて建築士の資格を取得しているか確認しましょう。
ホームインスペクションは今後必要とされる資格ですが、現状はあくまでも民間資格です。
仮にホームインスペクションの資格を持っていても、その実力が建築という専門領域において客観的に認められているとは言い難いですね。私は、ホームインスペクションと建築士の資格はセットだと思っています。
(例外として、ホームインスペクションの資格がない建築士に、ホームインスペクションを依頼する人もいるようです)
皆さんがホームインスペクションを依頼するときの参考になさってください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. ホームインスペクションの体験談 その2ということで、30代の女性の方にインタビューをしました。ホ…
  2. ホームインスペクションはしたい、でも高すぎる、できるだけ安いところで済ましたい。こう思う人が多い…
  3. 中古住宅の購入で後悔する人、というのは意外と多いものです。それは事前に知るべきことを知らなかった…
  4. ホームインスペクションという言葉が徐々に浸透してきていますね。最近、日本では国土交通省が既存建築…
  5. ホームインスペクションの体験談その6では40代独身男性Fさんへのインタビューとなります。イン…
ページ上部へ戻る