ホームインスペクションの会社ってどんなところが有名なの?

新築住宅・中古住宅を購入するにあたって、ホームインスペクションを受けたいけど、いろいろな会社があるのでどの会社を選べばよいか分からない。
そういった声をよく耳にします。
まだまだ、発展途上のホームインスペクション業界で、それぞれ特色を出しながら展開している会社を紹介します。

 

ホームインスペクションの会社ってどんなところが有名なの?

それではホームインスペクションを実施していることで有名な会社を紹介していきますね!

株式会社オーレンス (Olns)

ホームインスペクションをしている会社の中では数少ない建築許可を持っている会社です。
保険会社との仲介で、損害調査と復旧に力を入れていた会社ですので、必然とリフォーム、リノベーションも行ってきた会社で
しっかりとした一級建築士もついている、実績も一番長い会社であります。

さくら事務所

ホームインスペクション業界最大大手の会社です。日本でもアメリカ同様、ホームインスペクション制度を開始しようと提唱した「長島 修」氏が始めた会社です。実績、知名度が突出している事は事実です

 

 

株式会社 南勝

この会社の良さは、必ず「一級建築士」が同行することです。住宅建築のスペシャリストと言っても過言ではない一級建築士の中でも、ホームインスペククターの資格を持つ方が診断してくれることは、正確な情報を手に入れる事ができ安心につながります。

 

ジャパンホームシールド株式会社

株式会社LIXIL(リクシル)の関連会社であるジャパンホームシールド株式会社は基本的に地盤調査を専門に扱う会社です。まだ、ホームインスペクション業界では知られていないですが、リフォームを前提としたホームインスペクションであれば、建築資材・住宅設備機器を扱う株式会社LIXILの関連会社なら、大手の強みを活かし的確なアドバイスをしてくれると思います。

 

ホームドクター

この会社は不動産会社・建設会社・住宅設備会社など、他の業種とは関係がない第三者機関としての役割を果たそうとしている会社です。他の関連会社との繋がりが無いことも依頼者の立場を一番に考えてくれる要素になると思います。

 

コピット

この会社は新築時から日々のメンテナンスの状況・住宅の履歴を蓄積(保管)することに重点をおいた会社です。
将来、その不動産を購入・賃貸する相手としてはそれまでのメンテナンス状況が分かることは安心に繋がります。こういったサービスで住宅に付加価値をつけようとしている会社です。

 

ホームインスペクション業界の現状

ホームインスペクション業界は、不動産会社・ハウスメーカー・リフォーム会社・住宅設備会社・建築士業界など、いろいろな業種からの参入が進んでいます。

それぞれ、目的が違うので、そこを理解することは大事です。

1、不動産会社からは、不動産を仲介するに当たって、購入される方に物件の情報を提供するためのインスペクション
2、ハウスメーカーは建築後のアフターフォロー
3、リフォーム会社・住宅設備会社はホームインスペクションを実施した後、不具合があるところのリフォーム工事
4、建築士業界からは、住宅建築のスペシャリストとしての正確性・安心感

他にもいろいろな業種から参入があるので、その会社のメリット・デメリットを把握し、自分がホームインスペクションにあたって、どこに重点をおくかで会社を選択する事が望ましいです。
また、ホームインスペクションの価格設定はバラバラです。
例えばリフォーム会社はリフォーム工事が請け負えれば、インスペクション費用は無料でも良いと考えます。
不動産会社も物件を買ってくれるのであれば、無料でも構わないでしょう。
一方、建築士は、検査をするだけなので検査費用は高くなります。

 

最初が高くても後が安くなったり、最初が安いけれど後から高くつく、なんてこともあります。
その辺りも考え、価格だけで選ばないようにしましょう。
当サイトでいろいろインタビューした感じでは、結局、良質な会社でしたら、合計ではたいした差はないように感じましたので
良質で、幅広い知識を持っている会社を選ぶのが良いかと思います。

 

ホームインスペクション会社を選ぶポイントは

大事な点は、第三者として中立を保って、依頼者の立場に立ってくれるか?という事は当たり前で
「インスペクションのその先」の見通しを持たせてくれるか?ということです。

もし「瑕疵がありました」で終わったらどうですか?
私たち素人はその先どうしていいかわからない!困ってしまいますよね。
また、「これからどうしたらいいですか?」と違うところにお願いしてお金をかけて、なんのためにホームインスペクションをしたのか分かりません。

瑕疵や、微妙な欠陥があった時に「その先」を照らしてくれる業者は
当サイトで紹介している会社のように、実績が豊富で、しっかりとした財政基盤を持ち、建築関係だけでなく保険分野等との専門家とのパイプもしっかりある会社です。

お伝えした通り、ホームインスペクション会社にもいろいろな特色があります。

私が当サイトを構築するにあたり、いろいろな人へのインタビュー、不動産、インスペクト会社に聞いた結果、以下の会社が良いと判断しています。
是非参考にしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. ホームインスペクションという言葉が徐々に浸透してきていますね。最近、日本では国土交通省が既存建築…
  2. ホームインスペクションの体験談その6では40代独身男性Fさんへのインタビューとなります。イン…
  3. ホームインスペクションはしたい、でも高すぎる、できるだけ安いところで済ましたい。こう思う人が多い…
  4. ホームインスペクションのおすすめ業者はどこか?このサイトでいろいろな体験談やトラブルを紹介し、か…
  5. ホームインスペクションの体験談 その2ということで、30代の女性の方にインタビューをしました。ホ…
ページ上部へ戻る