アパートとマンションの違いやコーポやハイツの意味をまとめてみた

アパートとマンションの違いってわかりますか?どちらも本質は同じもののように思えますが、どんな違いがあるのでしょう?
けっこう不動産関係をやっているといろいろな業界用語を聞いて、知っているようで知らない言葉って多いですよね。
もしかしたら不動産業者やホームインスペクターと違う認識でいたら怖いですよね…。
また、不動産情報でよく見るコーポやハイツといったものの違いも合わせてまとめていきたいと思います!

 

Sponsored Links

アパートとマンションの違いは?

実は、アパートとマンションの明確な定義の違いというものはないようで、
不動産会社では主に以下のような分け方をしているようです。

■マンション

鉄骨造
鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造
3階建て以上

■アパート

木造
軽量鉄骨造
プレハブ造
2階建てまで

なんとなく私たちが思い浮かべているイメージと一致する気がします。
私は、今まで3階とか4階の集合住宅が、アパートとマンションの中間だな~と感じていましたが、
マンションという認識でいいんですね。
鉄骨や鉄筋コンクリートで3階以上のものがマンションと覚えておけば間違いないでしょう。

 

コーポやハイツの意味の違いをまとめてみた

そして最近話題になったのですが、
「コーポ」や「ハイツ」の意味の違いも気になります。

いろんなマンションやアパートがありますが、どの地域にいってもだいたい同じ名前ですよね^^
こちらの意味の違いもまとめていきます。

まず、コープとは、「共同住宅」を意味する英語「corporate house」を語源とする和製英語で、一般的に軽量鉄骨造や木造の2階建て共同住宅のことを指します。
そしてハイツは、「高台」を意味する「heights」で、プレハブの2階建て共同住宅全般を指すとのこと。

しかしこれらの名称には明確な定義はなく、必ずしも鉄骨だからハイツ、木造だからコーポというわけではなく、所有者が自由に名前をつけているようです。
つまりコーポやハイツは建物の種類を指しているわけではなく、単なる名前であることが多いということですね。
不動産の広告などで、「○○コーポ」や「○○ハイツ」と書いてあるのをよく目にしますが、それらは単なる名前というだけで、建物の構造とは関係ないんですね。

まとめますと以下のようになります。

 
単語 意味
マンション manere ラテン語→英mansion とどまる場所→大邸宅
アパート apartment 共同住宅
コーポ corporate house 共同住宅
ハイツ heights 高台にある家
メゾン maison 家・建物
ヴィラ villa 別荘
シャトー chateau
ハイム heim
カーサ casa 住宅
レジデンス residence 大きな邸宅・官邸
コート court 庭に囲まれた大邸宅
パレス alace 宮殿・公邸

 

いろいろと思い当たるものがありますね。シャトレーゼとか、カーサといったレストランがありましたし、レジデンスxxxという高級マンションも売られていますね。

ただ、これらは基本的には大家さんが勝手に名前を決めれますので、知識がなければ適当につけているとも言えます。特に決まりはないので。

 

Sponsored Links

 

まとめ

どんな違いがあるのか意外と知らなかったマンションとアパートですが、一般的には構造や大きさによって分けられているようです。
コーポやハイツも同じですが、明確な定義がないのは結構意外でした。
今後不動産情報を見るときは、名前の違いも楽しみながら見れそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. ホームインスペクションという言葉が徐々に浸透してきていますね。最近、日本では国土交通省が既存建築…
  2. 中古住宅の購入で後悔する人、というのは意外と多いものです。それは事前に知るべきことを知らなかった…
  3. 耐震工事を施した「おんたけ休暇村」が、6月の震度5強の地震で休業となってしまったことに対して「耐震工…
  4. ホームインスペクションをトラブルを通してやった人の話を紹介します。ホームインスペクションそのもの…
  5. ホームインスペクションの体験談その6では40代独身男性Fさんへのインタビューとなります。イン…
ページ上部へ戻る