中古住宅を埼玉県で1000万以下の激安物件を買って失敗する前に知りたい7つのこと

中古住宅を埼玉県なんかで1000万以下の激安物件を買って失敗する前に知りたいことということで
実際関東で不動産業をやっている方にお話しを伺ったことについてお伝えしていきます。

多くの人が心惹かれる『激安』という言葉。
当サイトでも何人にもインタビューしてきましたが、激安で失敗したという事例がいくつかありましたね。

不動産を探していると稀に値ごろ感を感じる『激安物件』を目にする事があります。
『激安物件』という事で何かしら注意点があるとは思いますが、実際に物件を確認する際はどこに注意をすれば良いのでしょうか?

 

中古住宅を埼玉県等で1000万以下の激安物件を探す人が増えている

2017年以前の首都圏の公示地価(住宅地)を確認してみると、2012年~公示地価は上昇し続けています。
東京23区にエリアを限定して確認を確認してみても2013年~坪単価が上昇しています。
地価以外にも、材料費・人件費の高騰も相まって一戸建・マンション共に大幅に上昇してしまいました。

最近の不動産のトレンドは『良い物件をを高く』から『安全な手ごろな物件』に移ってきていると思います。
直近の内閣府の調査結果でも、新築住宅よりも中古住宅の需要が高まっている調査結果が出ているので、『安全な低価格の不動産』はこれからのトレンドになっていく事が予想されます。

 

埼玉が需要が高い理由

この様な状況下で首都圏内で需要の高まってきているエリアがあります。
それは「埼玉県」です。
需要の増加にはいくつか理由がありますので、埼玉のどこに魅力を感じているのか確認していきます。

1.価格

東京、神奈川と比べると格段に手ごろな価格帯の物件が多数ります。
東京都内と異なり、幅広い価格帯の不動産が流通しているので不動産の購入を検討しやすい。

2.都心部までのアクセスの良さ

複数路線が乗り入れるターミナル駅が大幅に増え、以前と比べると「渋谷」、「大手町」、「永田町」などのビジネス街が直結の路線が断然、多くなりました。
都内で『駅15分』の物件を購入しても、「埼玉」で『駅5分』の物件を購入しても通勤時間に大きな差がでなくなりました。

3.再開発が進んでいる

新駅の開通なども含め、埼玉県内では再開発が進んでいます。
再開発事業により、街並みが整い埼玉県内の魅力自体が高まっています。

 

中古住宅1000万以下の物件の実情

では、埼玉県内で『激安不動産』を探した場合どんな物件があるのでしょうか。
埼玉県内で“1000万円以下”の物件を検索してみます。
駅から15分以上かかりますが、バスもしくは自転車を利用してもらえれば一戸建・マンションと比較検討して頂く事が出来ます。
エリアによっても価格は異なりますが、一戸建ての場合

私鉄沿線【80㎡前後・駐車場付・築40年前後】
JR線沿線【50㎡前後・駐車場無・築40年前後】

“再建築不可”等の物件ではないので、住宅ローンの利用も検討して頂けます。
マンションであっても、駅からの距離を許容して頂ければ“築40年以内”の物件が複数、検討する事が出来ます。

 

中古住宅埼玉等で1000万以下の激安物件を買って失敗した人の実例

ただ、心配になるのは“築年数”かと思います。
当然、築年数が経過している中古住宅なので想定していなかった事態になり『失敗してしまった』という事もあります。

例えば
「リノベーションをしようとしたが建物の構造上、希望のリノベーションが出来なかった」
「築40年の一戸建の床下を確認してみたらシロアリが発生していた」
「耐震工事をしようとしたら間取りを変えないといけなくなってしまった」
「室内、躯体構造部分のリフォーム箇所を把握しきれずに予想以上にリノベーション費用がかかってしまった」
など、この様な失敗があります。

 

激安物件で失敗しないためのxつの心得

この様な失敗をしない為にも購入前の事前確認がとても大切です。
逆に、事前確認をしっかりと行えば建物への心配を大幅に軽減させる事も出来ます。
具体的な建物の確認ですが

・物件所有者に建物の建築図面の有無を確認する(あれば建物図面をもらう)
・ホームインスぺクションで建物躯体構造部分を確認する(一戸建の場合)
・床下確認でシロアリの害の有無を確認(一戸建の場合)
・耐震補強工事の有無(一戸建の場合)
・リノベーション業者さんに室内を確認してもらいリノベーション工事の可否を確認する
・躯体構造部分、室内のリノベーション費用を確認する
・給排水管、ガス管などのライフラインの動作確認、もしくはライフラインの交換費用を確認する

購入前に、物件の“室内”・“躯体構造部分”を十分に確認する事が出来れば築年数が古くても問題なく建物は利用出来ます。
実際、「鎌倉」の方でも古民家リノベーションが流行っていて“築50年前後”の木造一戸建を購入している人もいます。
エリアにこだわらなければ、希望の予算内の中古物件を検討する事も出来るかもしれません。
東京都内だけでなく、埼玉県内でも物件を探してみてはいかがでしょうか。
あなたにとって理想的な物件に出会えるかもしれません。

どちらにせよ、中古物件では良いホームインスペクションは必須だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. ホームインスペクションのトラブルについて公募しましたところ、なんと不動産会社に勤務している方から…
  2. ホームインスペクションの体験談 その2ということで、30代の女性の方にインタビューをしました。ホ…
  3. ホームインスペクションのおすすめ業者はどこか?このサイトでいろいろな体験談やトラブルを紹介し、か…
  4. 耐震工事を施した「おんたけ休暇村」が、6月の震度5強の地震で休業となってしまったことに対して「耐震工…
  5. 専門家が中古住宅の傷み具合を調べるホームインスペクション(住宅診断)の義務化が来年スタートするといわ…
ページ上部へ戻る