都市のスポンジ化の実態が意外と深刻です!

ニュースでは都市のスポンジ化の進行が問題となり、深刻化してきています。
都市のスポンジ化とはどのような進行や問題となっているのか紹介していきます。
これは不動産売買する人にとっても重要となってきますので見ていきましょう。

Sponsored Links

都市のスポンジ化とは

都市のスポンジ化とは都市の大きさが変わらないにもかかわらず、人口が減少して、都市内の密度が下がっていくことを指します。
スポンジ化は個人的、家庭的事情で生じることが多いため、ゆっくりと小さな規模で起きていきます。
都市内のどこで起きているかというと、中心部だけで無く、郊外部、緑辺部などあちこちで起きています。

 

都市のスポンジ化の実態

都市のスポンジ化の実態はどのようになっているかというと、空き店舗や建物が除去されている空き地であれば目に見えやすいがですが、それ以外だと見た目では分からないことも多いです。
例えば相続した住居などを利用目的が無いことから空き地としておく場合、閉店したお店が売却や賃貸をせずに、空き店舗のままとしておく、土地所有者が賃貸住宅とするも、入居者が埋まらず空き家となっている、郊外部の戸建て住宅において、買い手が見つからずに空き家となっているというケースがあります。

このような状況が都市の中心地で起きているため、サービス産業の低下やまちの魅力の低下をを引き起こしています。

国の空き家対策について

国は空き家対策特別措置法を平成27年に実施しました。
この措置の目的は地域住民の生命、身体、財産を保護することや、生活環境の保全を図る、空き家等の活用を促進するなどの、目的があります。
この措置法により、市町村は空き家の所在と所有者の把握のための情報を求めることができるようになり、空き家の解体や強制対処がしやすくなりました。
他にも改善への助言をでき、勧告や命令もできます。
このようにして国も対策を講じています。

Sponsored Links

ネットの感想、反応は

.
東京の郊外で街のスポンジ化が進んでいるように感じる
.
東京郊外の都市のスポンジ化の対策はあるのか
.
景観が悪化したり、水道のインフラ整備費が膨らんだりする
.
熊谷駅から下ると空き家が目立つ
.
2033年には3軒に1つが空き家になりそう
.
若い人向けの住宅や相続対策用のアパートが大量につくられている
.
人口減少しているのに住宅地をつくっている
.
リノベーション業者を含めてスポンジ化の対策を講じて欲しい
.
コンパクトシティー化は理想であり、スポンジ化の深刻さが出てきている
.
都市計画の機能が上手くいっていない
という反応や感想です。

まとめ

都市部の郊外でも中心地でもスポンジ化の進行は深刻になってきており、もっと具体的な対策を講じていく必要があるかもしれません。
現状では市町村に頼っている状況とも読み取れるので、国からの大きな措置法や対策に今後期待したいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. ホームインスペクションのおすすめ業者はどこか?このサイトでいろいろな体験談やトラブルを紹介し、か…
  2. ホームインスペクションのトラブルについて公募しましたところ、なんと不動産会社に勤務している方から…
  3. ホームインスペクションの体験談 その2ということで、30代の女性の方にインタビューをしました。ホ…
  4. ホームインスペクションはしたい、でも高すぎる、できるだけ安いところで済ましたい。こう思う人が多い…
  5. 中古住宅の購入で後悔する人、というのは意外と多いものです。それは事前に知るべきことを知らなかった…
ページ上部へ戻る